北國新聞イベントガイド

文字サイズ
お問い合わせ:北國新聞読者サービスセンター/Tel.076-260-8000/営業時間 10:00〜18:00 土・日・祝休み

平成29年度 北國宝生能 好評発売中

    日時
    平成29年9月24日(日)
    開演
    13:00 開場12:00
    会場
    石川県立能楽堂

平成29年度 北國宝生能

 「北國宝生能」は、室町時代から受け継がれる能楽のさらなる活性化を目的として、昭和53年から開催しています。
 今回は、特別ゲストとして箏曲家の北川聖子氏や高畠一郎氏(東京)らをお招きします。今年の能の番組である「石橋(しゃっきょう)」は、地唄の曲目としても存在しており、今回、両方を鑑賞していただいて、共通点や相違点を比較し、堪能していただく試みとなっています。




≪演目と主な出演者≫

@箏曲「石橋(しゃっきょう)」 北川聖子、高畠一郎、南智恵子
                ※ゲスト出演
A能「千手(せんじゅ)」   渡邊茂人
B仕舞「富士(ふじ)太鼓(だいこ)」 大坪喜美雄
C狂言「鈍(どん)太郎(たろう)」 能村祐丞
D半能「石橋(しゃっきょう)」 宝生和英
 

≪出演者プロフィール≫
宝生和英(ほうしょう・かずふさ)
宝生流第20代宗家。和の会主宰。室町時代より続く能楽の名門、宝生家に生まれる。2008年東京藝術大学音楽部邦楽科卒業後、同年4月に若くして宗家を継承した。同年10月に「和の会」を発足し、全身で「体感」する観客を巻きこんだ公演「体感する能」を披露している。


主催

石川県能楽文化協会、北國新聞社、富山新聞社

後援

石川県、富山県、金沢市、一般財団法人石川県芸術文化協会、一般社団社団法人富山県芸術文化協会、公益社団法人金沢能楽会、NHK金沢放送局、北陸放送、テレビ金沢、エフエム石川、ラジオかなざわ・こまつ・ななお、金沢ケーブルテレビネット

チケット販売所

北國新聞読者サービスセンター

お問い合わせ

北國新聞読者サービストセンター
TEL:076-260-8000
北國新聞社事業局
TEL:076-260-3581
Eメール:jigyo@hokkoku.co.jp

会費

会員  8,000円
※全席自由席
※未就学児童入場不可

チケット購入・
参加のお申し込み
会場マップ
拡大して見る
×
ログインID
パスワード